月曜日, 5月 27, 2024
ホーム調査レポート家庭でも楽しめるようになった焼き鳥

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像1

 

  • 現代の焼き鳥の原形は江戸時代?

日本焼き鳥協会のWebサイトによると、鶏を串に刺した焼き鳥の調理法は、江戸時代中期の記録にあり、これが今の焼き鳥の原形ではないかとしています。
それよりもっと遡る平安時代や室町時代には、雉などの野鳥が鳥の串焼きとして食べられていたのではないか、と言われています。
明治になると、焼き鳥専門の屋台も登場。焼き鳥が大衆食となったのは昭和30年代後半(1960年ごろ)に、アメリカからブロイラーが入ってくるようになってからで、大衆焼き鳥店という言葉も生まれます。

ナビットでは、全国の主婦を中心としたモニター会員1000人を対象に「焼き鳥」についてアンケートを実施しました。

《調査概要》
  調査期間:2023年7月
  サンプル数:男女1000人
 

  • 約9割が焼き鳥は「好き」

【調査】

質問:焼き鳥は好きですか?(対象者:1000人)

 

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像2

 

回答者の約9割の895人が焼き鳥は「好き」なのに対し、「嫌い」な人は21人にとどまっています。
 

  • 味付けは「タレ」か「塩」

【調査】

質問:焼き鳥の味付けはどちらが好きですか?(対象者:1000人)

 

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像3

 

焼き鳥の味付けは「タレ554人に対し「402人と、「タレ」がやや優勢ですが、圧倒的というほどの差でもありません。
 

  • 好きなネタは「モモ」「ねぎま」「つくね」など

【調査】

質問:好きな焼き鳥のネタは何ですか?(対象者:1000人)(複数回答可)(回答数:3933)

 

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像4

 

好きなネタを複数回答可で質問したところ、1人平均4つのネタを挙げています。「モモ」(630人)、「ねぎま」(477人)、「つくね」(403人)がトップスリーに座っていますが、14位の「手羽元」でも127人と回答者の12.7%を占めています。いろんなネタを楽しむ焼き鳥ファンの多いことがうかがえます。
 

  • 食べる頻度は「3ヵ月に1回程度」が最多

【調査】

質問:焼き鳥を食べる頻度はどのくらいですか?(対象者:1000人)

 

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像5

 

 

家庭で食べることが少ないせいでしょうか。「3ヵ月に1回程度」(223人)、「月に1回程度」(219人)、「半年に1回程度」(190人)の上位3つで6割以上という割合です。
 

  • 焼き鳥を食べる時のお酒は「ビール」

【調査】

質問:焼き鳥を食べるときに飲むお酒は何ですか?(対象者:1000人)(フリー回答)

 

上記質問をフリー回答で募ったところ、4割程度の方にご回答いただけました。 その中では「ビール」が圧倒的に多く、回答された方のうち6割以上を占めていました。

設問の関係で長い回答は少ないのですが、一部を原文のまま、紹介しましょう。
 

・やっぱりビールです!
・近所のスーパーでおいしいパックの焼き鳥の肉を販売していれば購入し、ビールといただきます。
・滅多に飲みませんが、飲むとしたらビールです。
・冷えたビールが一番最高焼き鳥によく合います。
・焼酎お湯割りまたは緑茶割りです。

 

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像6

 

  • 焼き鳥と備長炭

焼き鳥と言えば「備長炭」(びんちょうたん)と、耳にすることが多いと思います。江戸時代の紀伊国田辺の商人・備中屋長左衛門が売り出した炭で、おいしい焼き鳥には欠かせない存在です。

土窯で炭化させた木炭を1200℃で焼き上げ、消し粉と呼ばれる土・灰・水で一気に消化して作ります。堅くて燃焼時間が長く、火力が強い。しかも炎が上がりにくく、遠赤外線を出すのが特長です。
 

  • 家庭用の焼き鳥焼き器

アンケートにもあったように、焼き鳥を食べる回数がそんなに多くないのは、家庭で食べることが少ないせいと推測されます。しかし、家庭で焼き鳥を楽しめる焼き器も進歩して、様々な商品が販売されています。

熱源は火力や温度をコントロールしやすい電気とガス(カセット)がメインで、炭火焼きはどちらかというとアウトドア向きでしょう。

油が落ちにくい工夫をした無煙タイプや、たこ焼きなども焼ける多用途のもの、また家族の人数に応じて選べるサイズも豊富に出回っています。
 

  • 「1000人アンケート」とは

「1000人アンケート」は、回答モニター付きのアンケートサービスです。回答モニターは主婦を中心とした全国63,400人のうちの1000人がアンケートにお答えします。カード決済のWebサービスですので、24時間365日稼働しており、ビジネスのスピード感を阻害しません。プリセットを使ったアシスト機能で始めての方でも簡単にアンケートが始められます。
 

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像7

 

  • 1000人アンケートの特長

1.アシスト機能を使って設問を自分で編集

2. 全国63,400人の主婦層(20代~)が最短2日で回答

3. データレポートやテキストマイニングも対応(オプション)

4. カード決済なのでいつでもアンケート実施が可能
 

  • 1000人アンケート価格表

家庭でも楽しめるようになった焼き鳥のサブ画像8

ナビットの「1000人アンケート」是非ご利用ください!

★「1000人アンケート」詳細はこちら★
   https://survey.navit-research.jp/
  
★「1000人アンケート」お申し込みはこちら★
   https://survey.navit-research.jp/welcome/sign_up

【会社概要】
■会社名 株式会社ナビット
■代表者 代表取締役 福井泰代
■設 立 2001年1月
■所在地 東京都千代田区九段南1-5-5 九段サウスサイドスクエア8F
■TEL 03-5215-5713
■FAX 03-5215-5702
■URL https://www.navit-j.com/
■E-Mail webmaster@navit-j.com
  
【本リリースの引用・転載時のお願い】
・事前に株式会社ナビット 広報担当まで連絡頂けますようお願い申し上げます。
・クレジットと出典元のリンクを明記していただきますようお願い申し上げます。
  
  <例>「株式会社ナビット(データ活用なう)が実施した調査結果によると…
  <リンク先>https://www.navit-j.com/media/?p=89010

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments