火曜日, 6月 18, 2024
ホームイベント【9/1-9/3】クラフトビアディスカバリー2023にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売が決定

【9/1-9/3】クラフトビアディスカバリー2023にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売が決定

東京ビッグサイトで開催される全国12都道府県のクラフトブルワリー(ビール醸造所)が集まるビアフェスをより楽しめる新要素

クラフトビールフェスを運営する合同会社T&L(本社:埼玉県川口市、代表:吉田 昭太)は、「クラフトビアディスカバリー2023」(9/1(金)~9/3(日)に東京ビッグサイトで開催)にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売を新たに決定しました。

【クラフトビアディスカバリー2023について】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000125108.html

【麦ホップピアス/イヤリング】

今年収穫された本物のビール麦とホップを使ったクラフトアクセサリが、イベント内で開催される「五酒印帳」を使ったスタンプラリーの景品の一つとなりました。(販売での購入も可能)

ビアフェス会場で身につけたり、ビール好きな方への贈り物にしたりと、クラフトビールをより楽しめるアイテムです。

【9/1-9/3】クラフトビアディスカバリー2023にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売が決定のサブ画像1

(今年収穫された本物のビール麦とホップを使ったピアスやイヤリング)

【9/1-9/3】クラフトビアディスカバリー2023にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売が決定のサブ画像2

(ビールのスタンプラリーキャンペーンにて配布される「五酒飲帳」)

【持ち帰りビール販売コーナー】

イベント会場内に「持ち帰りビール販売コーナー」を設置し、持ち帰りが可能なカンやビンのクラフトビールが購入できます。お車でお越しの方や、お家でもビールを楽しみたい方、また贈り物などに持ち帰り購入したい方もビアフェスを楽しめます。

【クラフトビアディスカバリー2023概要】

全国12都道府県のクラフトビール醸造所が東京ビッグサイトに集結し、様々なクラフトビールをお楽しみ頂けるビアフェスです。※チケットの入手方法等は以下記載の公式サイトにてご案内しております。

【9/1-9/3】クラフトビアディスカバリー2023にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売が決定のサブ画像3

開催日時:2023年9月1日(金)~9月3日(日)10時~18時(最終日は17時)

場所:東京ビックサイト 東3ホール GOOD LIFEフェア内 (屋内)

公式サイト:https://craft-beer-discovery.tlbros.com

Facebookページ:https://www.facebook.com/craftbeerdiscovery

Instagram:https://www.instagram.com/craft_beer_discovery_jp/

X (旧Twitter):https://twitter.com/cbdiscovery_jp

参加ブルワリー:

TRANS BREWING(北海道) / 羽後麦酒(秋田) / 片品ブリューイング(群馬) / 北アルプスブルワリー(長野) / ぬとりブルーイング(埼玉) / 日ノモトブルーイング(東京) / FUJIYAMA HUNTER’S BEER(静岡) / KARIYA 75 BREWING(愛知) / ONE’s BREWERY(大阪) / ゴールデンラビットビール(奈良) / 和歌山ブルワリー(和歌山) / 小倉ブルーイング(福岡)

【9/1-9/3】クラフトビアディスカバリー2023にて、本物のホップとビール麦を使ったアクセサリのキャンペーンや、持ち帰りビールの販売が決定のサブ画像4

合同会社T&Lについて

【会社概要】

社名:合同会社T&L
本社所在地:埼玉県川口市川口6-9-5-102
代表社員:吉田 昭太
事業内容:クラフトビールフェスの運営
設立: 2022年
HP:https://tlbros.com

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments