木曜日, 2月 22, 2024
ホーム未分類【岡山大学】日本ビール大麦の150年の改良の歴史を遺伝子で紐解く

【岡山大学】日本ビール大麦の150年の改良の歴史を遺伝子で紐解く

【岡山大学】日本ビール大麦の150年の改良の歴史を遺伝子で紐解く | 国立大学法人岡山大学のプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001870.000072793.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/72793/1870/72793-1870-cc071ff5e3ca7c62701661620c38f214-2598×1470.jpg?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=480&height=360“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

【岡山大学】日本ビール大麦の150年の改良の歴史を遺伝子で紐解く

2023(令和5)年 12月 3日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/

<発表のポイント>

  • 文明開化で国産ビール醸造の機運が高まり欧米からビール大麦が導入され、栽培適地では無い日本の高温・多湿の過酷な環境に適応できるよう品種改良が始まりました。

  • ビール大麦新品種の開発に役立つ遺伝情報を得る目的で、種子で発現する遺伝子群やウイルス病抵抗性遺伝子を、現在の主力品種スカイゴールデンとサチホゴールデンで比較しました。

  • 日本ビール大麦は東アジア在来大麦の耐病性遺伝子を取り込みながら、150年程の短期間で日本向けに姿を変えた品種改良の歴史が遺伝子の解析から明らかになりました。

◆概 要

 日本のビール大麦は文明開化の約150年前の頃に導入された、いわば新参者です。それまでは約二千年前の弥生時代に朝鮮半島や中国を経由して伝来した六条オオムギのみで、それらはビールの濁りを引き起こすタンパク質含量が高く醸造原料には適さず食用に使われてきました。

 欧米からビール大麦品種のゴールデンメロンなどを導入して品種改良が始まりましたが、梅雨のある我が国の高温・多湿の厳しい環境や土壌中のウイルスで感染が広まる縞萎縮病に対して、欧米のビール大麦は耐性がなく品種改良は困難を極めました。

 今回の研究では、東アジアの在来品種からウイルス病抵抗性遺伝子を取り込みながら、日本のビール大麦が高い品質と収量を兼ね備えるまでに改良が進められた過程を種子で発現する遺伝子群を大量に解析して明らかにしました。

 ウイルス病抵抗性を在来品種から導入する際に、醸造に悪影響を与える遺伝子を切り離す工夫がされたことが、遺伝子の解析からわかりました。

 得られた研究成果は日本のビール大麦を世界水準で高品質化するための指針となると考えられます。生産者とビール会社にとって理想の新品種の開発につながる知見が得られたとみています。

 本情報は、2023年11月29日に開催された「2023年11月岡山大学定例記者会見」で公開されました。

◆論文情報
 論 文 名:Genomic traces of Japanese malting barley breeding in two modern high-quality cultivars, ‘Sukai Golden’ and ‘Sachiho Golden’.
 掲 載 紙:Breeding Science
 著   者:Taketa, S., J-S. Kim, H. Takahashi, S. Yajima, Y. Koshiishi, T. Sotome, T. Kato and K. Mochida
 D  O  I:10.1270/jsbbs.23031
 U  R  L:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbbs/advpub/0/advpub_23031/_pdf/-char/en

◆研究資金

 本研究の一部は、東京農業大学生物資源ゲノム解析センター拠点共同研究費(13-B6)、ビール酒造組合共同研究費、(公)八雲環境科学振興財団環境研究助成金および科学研究費(23H02184)の支援を受けて実施しました。本研究は東京農業大学、理化学研究所および栃木県農業試験場と共同で実施しました。

◆詳しいプレスリリースについて

 日本ビール大麦の150年の改良の歴史を遺伝子で紐解く

 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r5/press20231129-4.pdf

◆参 考
・岡山大学資源植物科学研究所
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/
・岡山大学資源植物科学研究所 遺伝資源機能解析グループ
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/grf/index-j.html

・【岡山大学】岡山大学4研究所が「高等先鋭研究院」として始動 ~組織としての「箱」ではなく、卓越、イノベーション創出、流動、育成を兼ね揃えた「システム」として運用を開始~

 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001835.000072793.html

◆岡山大学資源植物科学研究所紹介動画
 https://youtu.be/KXs9b2PPYO0
 (YouTube 23:10)

 https://youtu.be/DWFZSfxnFxI
 (YouTube 2:15)

◆本件お問い合わせ先

 岡山大学資源植物科学研究所 教授  武田 真

 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2-20-1

 TEL:086-434-1237 (直通)
 FAX:086-434-1249 (代表)

 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/grf/index-j.html

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html

 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学SDGs~地域社会の持続可能性を考える(YouTube):https://youtu.be/Qdqjy4mw4ik

 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw

  「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw

 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2023年12月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001849.000072793.html
   
 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています。地域中核・特色ある研究大学として共育共創を進める岡山大学にご期待ください

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments