木曜日, 5月 30, 2024
ホーム未分類ビールの売上金額が増加、“減税の影響”と“前年の値上げによる売上減の反動”も

ビールの売上金額が増加、“減税の影響”と“前年の値上げによる売上減の反動”も

ビールの売上金額が増加、“減税の影響”と“前年の値上げによる売上減の反動”も | 株式会社True Dataのプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000039871.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/39871/103/39871-103-040513c7a5cb26c9896295756d20692d-2332×1271.jpg?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=480&height=360“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

ビールの売上金額が増加、“減税の影響”と“前年の値上げによる売上減の反動”も

2023年10月のポイント

  • 「ビール」は当年の減税の影響と、前年の値上げによる売上減の反動で、売上前年比が増加

  • 訪日外国人にも需要がある「かぜ薬」の売り上げが3割以上増加

  • 乾燥対策で「リップクリーム」の売り上げが5割増加(ドラッグストア)

「ビール」は2023年10月に酒税改正による減税で価格が下がりました。前年の2022年10月は値上げにより売り上げが大きく減少した為、その反動もあり、売上前年比が増加しました。
訪日外国人にも需要が高い「かぜ薬」が前年同月と比べて売り上げを大きく伸ばしました。ドラッグストアで前年同月比33.7%増加、食品スーパーマーケットで38.9%増加しました。寒暖差による体調不良などによりニーズが高まっていることも要因と考えられます。
ドラッグストアで「リップクリーム」の売り上げが前年同月と比べ52.3%増加し、前月に続き伸び率ランキングの1位を記録しました。「リップクリーム」は冬に向けて売り上げが増加する商品のため、本格的に寒くなる11月以降も前年超えの売り上げが続くか注目されます。

〈2023年10月の集計データについて〉

・カテゴリ別伸び率ランキング…生鮮・惣菜カテゴリ及び、カテゴリ名の冒頭に「その他」を含むものを除外し、1店舗あたり200個以上売れているカテゴリを集計

・数値…小数点以下第二位を四捨五入  

・データ集計期間…2023年10月1日~10月31日

・データ抽出日…2023年11月20日  ※プレスリリース掲載の数値はデータ抽出日時点のものです

データ出典:True Data

全国ドラッグストア、食品スーパーマーケットのPOSデータをもとに統計化した購買データで集計しています。データには店舗・個人を特定する情報は含まれていません。

【会社概要】

社 名  : 株式会社True Data (トゥルーデータ)

代表者  : 代表取締役社長 米倉 裕之

所在地  : 〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル 4階

設 立  : 2000年10月10日

上場市場 : 東京証券取引所 グロース [証券コード 4416]

URL   :  https://www.truedata.co.jp

お問い合わせ :  https://www.truedata.co.jp/contact

~事業内容~

全国の消費者購買データを扱うビッグデータプラットフォームを運営。POS/ID-POSなど消費者データ分析や購買行動分析ソリューションを小売業、消費財メーカー等に開発・提供。データマーケティング支援。

※当社のデータについて

株式会社True Dataが設計、運用する、全国のドラッグストア、スーパーマーケットなどの消費者購買情報を統計化した標準データベース。全国延べ6,000万人規模の購買情報から構成され、性別、年代情報をカバーしています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments