土曜日, 5月 25, 2024
ホーム商品サービス『アサヒオリオン ザ・ドラフト氷点下貯蔵』7月11日から数量限定発売

『アサヒオリオン ザ・ドラフト氷点下貯蔵』7月11日から数量限定発売

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 松山一雄)は、オリオンビール株式会社(本社 沖縄、社長 村野一)が製造するビール『アサヒオリオン ザ・ドラフト氷点下貯蔵』を、7月11日から数量限定で発売します。

 

『アサヒオリオン ザ・ドラフト氷点下貯蔵』7月11日から数量限定発売のサブ画像1

 『アサヒオリオン ザ・ドラフト氷点下貯蔵』は、澄み切った味わいが特長の夏にぴったりな商品です。熟成工程において、オリオンビール史上最も低い温度でビールを貯蔵する“氷点下貯蔵”を採用し雑味を徹底的に取り除くことで、すっきりとした味わいを実現しました。

パッケージは、氷を表現した鮮やかな青色が描くとともに、缶体中央に“氷点下貯蔵”と大きく記載することで商品の特長を訴求しています。

アサヒビールは、2002年に沖縄県外におけるオリオンブランドの販売を開始し、以降両社の協業を進めてきました。今後も、両社の強みを持ち寄り新たな提案を続けていくことで、お客さまの多様なニーズにお応えするとともに“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

 

【商品概要】

商品名

アサヒオリオン ザ・ドラフト氷点下貯蔵

品目

ビール

容器・容量

缶350ml

アルコール分

5%

純アルコール量

14g

発売日

7月11日 ※ただし予定数量出荷次第終了

発売地域

全国(沖縄県および鹿児島県奄美群島を除く)

製造工場

オリオンビール名護工場

価格

オープン価格

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments