土曜日, 4月 20, 2024
ホーム商品サービス築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。

築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。

2023年3月21日よりオンラインショップにて予約販売開始

茨城県かすみがうら市内のゲストハウス「古民家江口屋」敷地内に、新たにクラフトビールの醸造所「江口屋醸造所」がオープンいたします。造り酒屋時代の江口屋で販売されていた日本酒「澤乃不二」のラベルを復刻した商品などを販売。

株式会社かすみがうら未来づくりカンパニーが管理運営を行う、茨城県かすみがうら市内のゲストハウス「古民家江口屋」(茨城県かすみがうら市坂895-1)に、新たにクラフトビールの醸造所「江口屋醸造所」がオープンいたします。開業は2023年3月25日(土)。https://shop.eguchiyabrewing.com/

築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。のサブ画像1

 

  • 江口屋醸造所からのメッセージ

私たちが⽬指すのは、地域密着型のコミニティブルワリーです。茨城県は⾷材の宝庫。果物や野菜などの副原料を試したり、ゲストハウスを訪れた⼈と⼀緒に収穫体験をして、農作物を使ったビールを作ったり。古⺠家江⼝屋」が作るビールはゲストハウスだからできる、地域のある歴史・⽂化・⾷材と、訪れた⼈や関わっている⼈の思いが混じり合う「風と土」を感じるビールにしたいです。

築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。のサブ画像2

 

  • 江口屋醸造所の背景

「江口屋」という屋号は、寛政年間(1790 年頃)に農業・酒造業を創業したもとの家(菅澤家)の屋号を引き継ぎ使用させてもらっています。家屋は明治後半に建築されました。4 代目「源太郎」が「源勲正宗」、5 代目「伊三郎」が「澤の不二」の商標で日本酒を醸造・販売しており、当時の酒造りは裏庭の井戸水を使用し、新潟から杜氏を呼んで醸造していたといいます。戦後は酒造を終了し、酒店となりました。その後、簡易郵便局の歴史を経て閉業。
2020年7月に新しく宿泊施設として生まれ変わりました。地域を感じる江口屋らしい、思い出に残るような商品や体験は作れないだろうか。現在の敷地には、当時の酒蔵などは残っていませんが、母屋の前に立派な蔵があり、この蔵を改装して自社で酒造りを行い、造り酒屋としての歴史をお客様に伝えていこうと考えました。
開業に向けては、2021年1月に開始したクラウドファンディングで寄付を募り、182名233万円のご支援をいただきました。コロナ禍の影響を受けながらも2022年に蔵の改装工事を行い、2022年12月に醸造免許を取得。2023年2月より醸造をスタート。2023年3月に販売開始。現在も全国各地のブルワリーへの視察を行うほか、岐阜県釜戸町にあるカマドブリュワリーにて醸造研修を実施するなど、醸造技術の向上に努めています。
 

  • 古民家江口屋について

明治後期に建てられた元造り酒屋の趣ある建物が、地元の名工たちの手によりゲストハウスとして生まれ変わりました。「江口屋」という名前は、造り酒屋時代の屋号からいただきました。日本で2番目に大きな湖・霞ヶ浦が目の前に広がります。霞ヶ浦から昇る最高の朝日と、かまどで炊いたご飯、朝捕れのシラウオなど、新鮮な霞ヶ浦の食を堪能できる朝食。早起きするのが楽しみになる、最高の朝に出会える宿です。
https://guesthouse-eguchiya.com/
 

  • 販売商品

築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。のサブ画像3

澤乃不二 SAWA NO FUJI(2023年3月25日発売)
アイダホ7をビタリングとしてふんだんに使い、スッキリとした味わいに仕上げたペールエール。
江口屋醸造所は、かつて造り酒屋だった古民家の蔵を改修してビールの醸造を行っています。ペールエール「澤乃不二」のラベルは、造り酒屋時代の江口屋で販売されていた日本酒「澤乃不二」のラベルをベースに、現代に復刻したものです。
伝統を受け継ぎ、未来を切り開くという意味の「継往開来(けいおうかいらい)」という文字印を加えました。
スタイル:ペールエール 
アルコール度数:5.0%
 

築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。のサブ画像4

霞ヶ浦ゆずエール KASUMIGAURA YUZU ALE(2023年4月下旬発売予定)
オレンジピールやコリアンダーを使用するのが一般的なベルジャンホワイトですが、『ゆずエール』は柚子を使用して仕上げています。かすみがうら市で育った柚子の黄色い皮の部分のみを丁寧に手作業で剥きビールにしました。柚子の爽やかな香りと、柔らかく飲みやすい味わいが特徴です。
スタイル:フルーツビール
アルコール度数:5.0%
 

  • 販売場所・販売方法

・ゲストハウス「古民家江口屋」
【所在地】〒300-0214 茨城県かすみがうら市坂895番地1
・畔の駅 コハン
【所在地】〒300-0214 茨城県かすみがうら市坂4784番地
1F かすみマルシェ
2F かすみキッチン
・直営オンラインショップ 2023年3月21日よりオープン
https://shop.eguchiyabrewing.com/
https://www.instagram.com/eguchiya_brewing/
 

  • 江口屋醸造所

築110年の元造り酒屋のゲストハウス敷地内にクラフトビール醸造所が2023年3月25日オープン。屋号を受け継ぎ、約70年ぶりに醸造を再開する。のサブ画像5

【所在地】〒300-0214 茨城県かすみがうら市坂895番地1
【アクセス】JR常磐道「神立駅」より車で20分
常磐線自動車道「土浦北IC」「千代田石岡IC」より約30分
お問い合わせ
029-840-9010 (9:00 – 17:00 / 月曜定休)
brewing@eguchiya.email              
https://shop.eguchiyabrewing.com/
https://www.instagram.com/eguchiya_brewing/

 

  • かすみがうら未来づくりカンパニーについて

産(=株式会社ステッチ)官(=かすみがうら市)金(=筑波銀行)の共同出資で、2016年4月に設立された、かすみがうら市のまちづくり会社である「株式会社かすみがうら未来づくりカンパニー」。
地域資源を活用したさまざまな事業を展開し、地域の魅力を伝えるだけではなく、交流人口の増大、産業化の実現、雇用の創出、将来的には移住・定住へとつなげていくことを目指しています。
かすみがうら未来づくりカンパニーは、地域に根付く文化、地域の価値を活かし、この土地の人々と共に、かすみがうら市の未来を育てていきます。

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments