月曜日, 5月 27, 2024
ホーム商品サービス『アサヒ生ビール』(通称マルエフ)新TVCM 「はじめてのおつかれ生です」篇、「ただいまとおつかれ生です」篇 2月13日放映開始

『アサヒ生ビール』(通称マルエフ)新TVCM 「はじめてのおつかれ生です」篇、「ただいまとおつかれ生です」篇 2月13日放映開始

新たに芳根京子さんと松下洸平さんを起用

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、“マルエフ”の愛称で親しまれる『アサヒ生ビール』の新TVCM「はじめてのおつかれ生です」篇と「ただいまとおつかれ生です」篇を2月13日から放映します。今回のTVCMには新たに俳優の芳根京子さんと松下洸平さんを起用します。

 「はじめてのおつかれ生です篇」は、仕事帰りの芳根さんが初めて訪れる居酒屋に立ち寄るシーンから始まります。初めての“一人飲み”に最初はやや緊張しつつも“マルエフ”を飲みながら女将や常連客と談笑し、徐々に打ち解けていく様子を描いています。
 「ただいまとおつかれ生です篇」は、松下さんがCMソング『元気を出して』を口ずさみ、なじみの小料理屋に訪れるシーンから始まります。久しぶりに顔を合わせる店主夫婦と「ただいま」「おかえりなさい」と言葉を交わし、再会に喜びを感じながら“マルエフ”を堪能する姿を描いています。
 両CMとも、芳根さんと松下さんがカメラ目線で「日本のみなさん、おつかれ生です」と語りかける様子や“マルエフ”を飲んだ後のホッと落ち着いた表情を通じて“ぬくもりのある世界観”を演出しています。

『アサヒ生ビール』(通称マルエフ)新TVCM 「はじめてのおつかれ生です」篇、「ただいまとおつかれ生です」篇 2月13日放映開始のサブ画像1

 『アサヒ生ビール』は “まろやかなうまみのある”味わいが特長のビールです。1986年(昭和61年)に発売し、翌年の「スーパードライ」のヒットの足掛かりとなりました。その後、当時の生産体制を「スーパードライ」に集中するために、1993年に缶と瓶は終売となったものの、その味わいは飲食店から愛され続け、樽生のみ継続して販売してきました。ご好評をいただいている中味は発売当時そのままに、パッケージを大きく変えて2021年9月から全国で発売しました。2022年2月15日からは“復活の黒生”として『アサヒ生ビール黒生』を発売しています。

 『アサヒ生ビール』の2022年の販売数量は608万箱※となりました。『アサヒ生ビール黒生』の2022年の販売数量は当初計画100万箱を大きく上回る181万箱となりました。本年2月14日からは『アサヒ生ビール』の中瓶500mlと缶250mlを通年で、『アサヒ生ビール黒生』の缶250mlを数量限定で発売します。引き続き、統一したロゴ展開や“ぬくもりのある世界観”の演出など、連動した情報発信を実施し「アサヒ生ビール」ブランドのさらなる認知拡大や飲用喚起を図ります。
※1箱は大瓶633ml×20本で換算。以下同様。

参考:『アサヒ生ビール』ブランドサイト


URL:https://www.asahibeer.co.jp/asahinamabeer/

参考:撮影エピソード


 ビールのTVCMに初出演となった芳根さんですが、普段からお酒が好きでよくビールも飲むということで“マルエフ”を飲んだ後のおいしさをかみしめる最高の笑顔が印象的でした。“一人飲み”に挑戦するシーンでは居酒屋のカウンターでアドリブでの会話もあり、終始和やかな雰囲気で撮影は進みました。
 芳根さんと同じく今回“マルエフ”のTVCMに初出演となった松下さんは、見どころであるCMソング『元気を出して』を口ずさむシーンで、さまざまな表情で試行錯誤しながら何度も撮影しました。「鼻歌が聞かれるのは恥ずかしい」と語っていた松下さんですが、シンガーソングライターとしても活躍する多彩な一面を披露していました。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments