金曜日, 8月 12, 2022
ホーム商品サービス奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷

鹿児島県の奄美大島に奄美群島で唯一のクラフトビール醸造所「奄美ブリュワリー」が開業、初出荷を前に8月2日(火)~8月3日(水)に初醸造初出荷試飲会イベントで1グラスを無料で振る舞います。

2021年に世界自然遺産への登録が決定した鹿児島県奄美大島。
2022年7月7日に奄美大島に奄美群島初となるクラフトビール醸造所が誕生しました。
奄美大島に2店舗の飲食店を展開する奄美DNA株式会社(本社:鹿児島県大島郡伊仙町、代表取締役:平泰造、以下 奄美DNA)は、奄美群島で唯一となるクラフトビール醸造所(AMAMI BREWERY)を鹿児島県奄美市名瀬港町1-2において2022年7月7日に製造免許を取得。
奄美で奄美の人が作る奄美の素材を使用したMADE IN AMAMIのオンリーワンのクラフトビールを提供してまいります。
これまでOEMで展開していたオリジナルビール「島ばななヴァイツェン」「長命草ペールエール」「純黒糖闘牛ブラウンエール」の自社製造を開始。
自社醸造開始にあたり、新たに奄美に自生するシークニンを使用したクラフトビール「ソルティーシークニンサワーエール」(シマ・シークニン(徳之島産)、天然塩(竜郷町)を使用)を加えた4種類を8月にも販売開始します。

 

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像1

 

  • 奄美について

鹿児島県の南部に位置する奄美群島。
奄美群島は、喜界島、奄美大島、加計呂麻島、徳之島、沖永良部、与論島など大小の島々で構成され、奄美地方とも呼ばれます。

その一部(奄美大島、徳之島)は、沖縄県北部とともに2021年7月に世界自然遺産に登録されました。

奄美ブリュワリーは、奄美群島で一番大きい島「奄美大島」の奄美市名瀬地区(島で一番の街中)で位置します。

奄美群島には、奄美群島でしか製造が許されない黒糖焼酎があります。
黒糖焼酎は、島民に愛飲されている一方で、

奄美群島で年間350万リットルのビール消費量(独自調査)があるとされています。

 

  • クラフトビールに期待するもの

ビールは世界の共通語と言っても過言ではないと考えます。
私たちの作るクラフトビールは、奄美の素材を副原料として使います。

クラフトビールの原料に奄美の素材を使う事で飲んだ方は、その素材にふれることになります。
クラフトビールは素材をアピールするツールにもなりえると考えます。

奄美群島内の12市町村の特産品などを使用したクラフトビールを作っていきます。

私たちは単にビールを作って売るだけでなく、その素材自体の良さをアピールしていくことで
私たちのビールも売れ、素材自体も売れる、相乗効果を期待しています。

 

  • 私たちが目指すもの

島民に愛される「黒糖焼酎」ですが、一方でビールも当然飲まれます。

奄美群島全体で年間推定350万リットルが消費されていると思われますが、そのほぼ全てが大手ビールメーカーのビールです。

この消費量の1%でいい、

  • 奄美でビールが作れたら、雇用が生まれる。
  • 奄美で作るビールが飲まれれば、奄美を知ってもらう機会が生まれる。
  • 奄美の素材をビールに使えば、素材のアピールになる。

また、
自然遺産登録の奄美大島においては環境を意識したより持続可能なビジネスを展開する必要があると認識しています。

1.奄美ブリュワリーの醸造設備、洗浄設備の熱源を電気式を導入しました。
2.醸造時に発生する麦芽カスを廃棄せず、全量を島豚の飼料として提供しています。

(提供先:奄美ミート有限会社 鹿児島県奄美市名瀬大字仲勝663番地2)

MADE IN AMAMIであり、奄美オンリーワンのクラフトビールの提供においては、持続可能なオペレーションの確立を通して、地域に大きく貢献できればと考えております。
 

  • 醸造所施設について

奄美のクラフトビール醸造所『AMAMI BREWERY(奄美ブリュワリー)』の構想から2年。
同じく奄美の素材を使用した料理で「島おこし」を夢に東京で修業していたシェフの田川(奄美市出身)が賛同、併設する飲食スペースで地元の素材を使用した料理の提供のかたわら、クラフトビールの味の監修も担当。
かねてより飲食店に従事していた里山(奄美市出身)が、これまでの工場実務経験を見いだされ、奄美群島唯一のブルワー(醸造家)となります。
ここにIターンの丸山(神奈川県出身)が加わり、醸造サポートのほか、ホール全体の管理を行なっていきます。将来的には丸山発信のビールブランドも期待しています。

奄美ブリュワリーには、出来立ての『生』を味わえる飲食スペースやボトルショップ(酒屋兼土産品店)を併設しました。

「飲食スペース」

飲食スペース(50席)からは醸造所がガラス越しに見える様に配置され、10連式タップが設置されたカウンターもあり、製造したクラフトビールを同じく島の素材を使った料理とともに堪能できます。

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像2

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像3_タップが目の前のカウンター席タップが目の前のカウンター席

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像4_10連式タップの奄美ビアホール10連式タップの奄美ビアホール

「ボトルショップ」
(酒屋兼土産品店)
奄美ビールというショップ名では瓶詰めされたばかりの「奄美ブリュワリー」の商品のほか、国内外から取り寄せたビールやMADE IN AMAMIの土産品を販売。お持ち帰りはもちろん、飲食スペースで角打ちスタイルで楽しんでいただくことも可能です。

「醸造所」+「飲食スペース」+「ボトルショップ」

称して、AMAMI BEER HALLと名付けました。

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像5

ここから、全国に海外に情報を発信し、より多くの方々に奄美のクラフトビールを届けていきます。

 

  • 商品バリエーション

8月にはこれまでの3種類に1種類を追加した4種類のクラフトビールをご用意いたします。

1.島ばななヴァイツェン

奄美大島産の島ばななを使用しました。ヴァイツェンは、ドイツ語で小麦を意味したクラフトビール。
フルーティーなバナナ風味がありながらも甘味はおさえられているため食事やデザートにも合わせやすいです。

2.長命草ペールエール

奄美大島産の長命草の葉をそのまま(フレッシュな状態)で使用。
「苦そう」というイメージを持たれますが、フレッシュな長命草を使う事によって、程よいさっぱりとした苦みとアメリカンホップの苦みがフレッシュハーブのような香りとうまくマッチしました。
一度飲むとリピーターになる方が多いです。

3.純黒糖闘牛ブラウンエール

テレビで「幻の黒糖」と取り上げられる徳之島の徳南製糖さんの純黒糖としょうがを使用。
黒糖のビールは黒ビール(スタウト)と思われがちですが、食事との相性を考えてブラウンエールというコクがありながらも切れ味のあるビールに仕上げました。飲む温度帯で味わいが変わります。冷たい状態ではしょうがの味が前面に出ます。少し時間をおいて温度帯を変えると黒糖の味わいが感じられる一本で味変が楽しめます。

4.【新発売】ソルティーシークニンサワーエール

徳之島に自生するみかん「シークニン」に奄美大島の海の塩を使用。
徳之島のダイキチ食品株式会社(本社:鹿児島県大島郡徳之島町、代表大橋 カツミ、以下ダイキチ食品様)の協力を得て、開発しました。
徳之島に自生するシークニンは農薬などを一切使用していないため、皮ごと使用しました。
シークニンの皮の部分には、100g当たり約ノビレチン490㎎、ヘスペリジン3800㎎が含有。「ノビレチン」「タンゲレチン」は、抗がん、血糖値、血圧降下に効果があり、「ヘスペリジン」は抗アレルギー作用があるとされています。
シークワーサーと比較して果皮が厚いため、より有利なスーパーフードです。

各商品は、瓶(330ml)と樽(10リットル)をそれぞれ提供の予定しております。

 

  • 今後のスケジュール

・7月末には第1回目の醸造分が完成予定。
・8月2~3日初醸造イベント開催(試飲会)
・8月より順次販売を開始。
・8月には自家菜園で実ったパイナップルのクラフトビール(奄美パイナップルスムージーエール)の販売予定
・今秋にグランドオープン
・10月にはハブビール(奄美ハブダブルIPA)の提供予定

 

  • 施設情報

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像6_AMAMI BEER HALLAMAMI BEER HALL

AMAMI BEER HALL

 

 

鹿児島県奄美市名瀬港町1-2 松第2ビル1階
TEL:0997-58-8100 FAX:0997-58-8103
info@amamibrewpub.jp
https://www.instagram.com/amamibeerhall/

AMAMI BEER SHOP | 奄美ビール
https://amamibeer.com
https://www.instagram.com/amamibeer/

 

  • 初醸造イベント(FREE 1 GLASS of "1st batch MADE IN AMAMI")

 

 

 

奄美大島に群島唯一のクラフトビール醸造所(奄美ブリュワリー)が誕生、初の出荷のサブ画像7

初醸造、初出荷記念として、8月2日(火)、8月3日(水)の2日間私たちが初めて醸造した第一号のクラフトビールをふるまうオープニングイベントを開催いたします。

【日時】
2022年8月2日 20時~22時
2022年8月3日 20時~22時
※17時半~20時の間は関係者の試飲会時間になりますので、店舗のご利用はできません。

※無料ビールはおひとり様、1杯迄、当店指定の商品のみとなります。
※参加者にはSNSへの画像アップをお願いしています。
※当日はコロナ禍もあり、窓は全開で外のスペースもご用意し、万全の対策で臨みます。

 

人数制限がございます。お並びいただいてもご案内できない場合がございます。
※オープン時刻10分以上前の待機はご遠慮ください。

報道各社様・関係者様試飲会

【日時】
2022年8月2日 17時半~20時
2022年8月3日 17時半~20時

 

  • お問合せ先

このリリースに関するお問い合わせは、下記まで

090-4012-8509
info@amamibeer.com (担当:平)
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments