金曜日, 8月 12, 2022
ホーム商品サービス妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!

本日からお申込可能

クラフトビール定期便「Otomoni(オトモニ)」を運営するmeuron株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:金澤俊昌)は、クラフトビールを通じて新旧の日本文化を再発見する体験を定期便で提供する「JAPANESE BEER ODYSSEY」の第11弾にて醸造した、妖怪をフィーチャーして醸造した苦味駆け抜けるビール「苦味百鬼夜行」のお申し込み受付を本日より開始致します。

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像1

夏といえば怪談です。
怪談の中でも「妖怪」は、日本人には馴染み深い文化でしょう。
そんな妖怪達が列を成してひしめき歩き回ることを「百鬼夜行」といいます。
今回、そんな百鬼夜行のように、駆け抜けるような強く複雑な苦味があるビールを開発しました。

【夏に飲みがいのある、苦味駆け抜けるビール「苦味百鬼夜行」】

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像2

夏の風物詩の1つでもある妖怪にフィーチャーした「苦味百鬼夜行」は、妖怪の聖地でもある岩手県のビールブランド「いわて蔵ビール」を醸造している「世嬉の一酒造」と共同で開発しました。
百鬼夜行をイメージした、駆け抜けるような強く複雑な苦味で、夏に飲みがいのある味わいとなっています。

ラベルにはデザイナーが製作した妖怪が載っています。

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像3

今回のテーマである妖怪の成り立ちを考えながらデザインしました。
描かれた妖怪には、実際に描かれたことのある妖怪をモチーフにしたものもあれば、デザイナーオリジナルのものもあります。ラベルの妖怪のデザインを見て、なぜこのような姿の妖怪になったのかを想像してみてはいかがでしょうか。

そんな妖怪ですが、古くはゲゲゲの鬼太郎からはじまり、妖怪ウォッチ、鬼滅の刃など時代など、どこかしらで目にする機会が多い妖怪ですが、いつからこんなにも市民権を得たのか…今回は知っているようであまり知らない、妖怪の昔と今についてご紹介していきたいと思います。

JAPANESE BEER ODYSSEYでは「もう一歩深く、面白く。」をコンセプトに、知的好奇心を満たすビールと文化のガイドブック「JBO GUIDE」を制作しています。今回のJBO GUIDEではそんな妖怪について、日本文化との関連を記事にしています。ぜひ併せてご覧ください。
 

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像4

【苦味百鬼夜行】畏れから粋へ!江戸に花咲く妖怪文化

https://otomoni.beer/jbo/yakou

また、この度オリジナル妖怪も製作し、この妖怪の名前を募集するキャンペーンも実施中です。皆様からのご応募をお待ちしております。

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像5

https://onl.tw/v2nNagb

注文方法


オトモニオリジナル「苦味百鬼夜行」は本日よりお申し込み開始となります。JBOのオリジナルクラフトビールはオトモニの定期便の「定期配送6本プラン」もしくは「定期配送12本プラン」に申し込むことで入手していただけます。

定期便のお申し込みはこちら:https://bit.ly/3ALgOnD

【オトモニの定期便について】

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像6

旅行先やビアバーでクラフトビールを飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。実はクラフトビールは全世界・日本全国にあり、アメリカの醸造所数は2018年時点で7,000を超えています。

オトモニのクラフトビール定期便では、そんな数多のクラフトビールの中からあなたの飲んだことの無いクラフトビールとの出会いをお届けしています。旅行先でしか飲めないビール、発売後即完売してしまうような限定品もクール便の送料無料でどこよりも早く手に入るので、クラフトビールについてあまり詳しくなくてもとても希少なクラフトビールをお楽しみいただくことが可能です。

Twitterの様子
https://onl.la/wTh6Fm2

また、サブスク特有の不安要素である解約金も無く、いつでもワンタップで配送を止めることができる「スキップ」機能で勝手に配送されてしまうようなこともございません。
どなたでも安心してお楽しみいただけるサブスクですので、ぜひお申し込みをご検討くださいませ。

お申し込み方法


1.オトモニ(https://bit.ly/3ALgOnD)にアクセス後、「定期便に申し込む」ボタンを押下
2.配送プラン選択画面にて「定期配送6本プラン」もしくは「定期配送12本プラン」を選択して、「次へ」ボタンを押下し会員情報を入力後、会員登録
3.カード情報を入力し、「カードを登録して次へ」を押下
4.お申し込み内容を確認して「申し込む」ボタンを押下

「文明開化麦酒」が飲める定期便申し込み期限日


8月4発送回:7月24日(日) 23:59まで
8月18発送回初回セット:8月7日(日) 23:59まで

定期便価格


4,378円〜/回(税込・送料無料(離島除く))

申し込みURL


https://bit.ly/3ALgOnD
※「定期便に申し込む」からお進みください

【日本文化再発見の体験提供するプロジェクト「JAPANESE BEER ODYSSEY」】

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像7

2022年1月より自宅にいても日本文化を再発見できるプロジェクト「JAPANESE BEER ODYSSEY」を開始しました。(プレスリリース▶︎https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000020760.html)
知っているようで深くは知らない日本文化を題材にしてオトモニオリジナルクラフトビールを醸造していきます。オトモニ定期便でお届けするオトモニオリジナルクラフトビールを通じてお客様に日本文化再発見の体験を提供していきます。(過去にJBOでお届けしたビールはこちら▶︎https://otomoni.beer/jbo )毎回の配送にてクラフトビールの味わいや情報が知れて、多くの人があまり深くは知らない日本文化の知識が分かるコレクションカードも同梱します。このコレクションカードを集めるために、希望者に数量限定でオトモニオリジナルバインダーも配送予定ですのでコレクションカードは保存しておいてくださいね。

クラフトビール定期便「Otomoni(オトモニ)」

妖怪ビール?!クラフトビール定期便Otomoniが夏の風物詩である怪談をフィーチャーした夏の夜を怖さと苦さで涼しくするビール「苦味百鬼夜行」の申込受付を開始!のサブ画像8

https://bit.ly/3ALgOnD
Otomoni(オトモニ)は、代表金澤の「普段目にしないクラフトビールで、週末に夫婦で楽しく過ごす非日常的な時間を作りたい」という思いから生まれました。
1900種類以上のクラフトビールの中から好みに合わせて毎回違ったクラフトビールをお届けする定期便サービスです。
季節・お届けしたい体験・限定ビールの発売・お客様の好みなどに合わせて、毎回丁寧に飲み比べセットをセレクトしています。

「Crafting a Beer Odyssey」をコンセプトに私達はクラフトビールを提供するのではなく、クラフトビールを使った好奇心を満たす出会いの旅を提供して参ります。

meuron株式会社
http://meuron.jp/
「クラフトビールを通じて日常を今よりも楽しもうとするだけ楽しめるライフスタイルが作れること」をミッションに掲げ、アプリやインターネット駆使することで、クラフトビールとの素敵な出会いを提供できるブランドを立ち上げました。今後とも素材へのこだわりやフードロス問題への取り組み、ブルワリー様の応援など、社会の公器としての役割を担うと共に、お客様のフィードバックやデータを活用しサービス価値を磨き上げ、酒類業界の枠組みにとらわれない挑戦を続けてまいります。

所在地:〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷2-1-4 Begood Zoshigaya 108
代表者:代表取締役社長 金澤俊昌
事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運営
コーポレートサイト:http://meuron.jp/
Otomoni(オトモニ)では、メディア様からのご取材をお待ちしております。

「サブスク」「顧客体験」「データを活用した商品開発/マーケティング支援」「クラフトビール・その他お酒トレンド」「おうち時間の充実」など様々な切り口での情報提供を行えます。
下記よりご連絡お待ちしております。

========
【本件に関する問合せ先】
meuron株式会社 (担当:金澤)
Mail:otomoni@meuron.jp
Tel:090-9121-8567
*在宅体制移行により上記にてお願いします。
========

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments