日曜日, 9月 25, 2022
ホーム商品サービス「アグロフォレストバニラ」を使用した希少なドネーションビール「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」の発売が決定。

「アグロフォレストバニラ」を使用した希少なドネーションビール「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」の発売が決定。

2022年2月14日(月)よりTRANSIT GENERAL OFIICE運営店舗にて販売スタート!

「アグロフォレストバニラ」を使用した希少なドネーションビール「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」の発売が決定。のサブ画像1

株式会社トランジットジェネラルオフィス(本社 : 東京都渋谷区)は、食を通して環境問題にフォーカスするプロジェクト「FARMER⇄YOU(ファーマーユー)」企画第一弾「マダガスカルバニラのシューアイス」に続き、第二弾としてゼロ・ウェイストタウン徳島県上勝町にあるブリュワリー「RISE & WIN Brewing Co. GENERAL OFFICE」と、マダガスカルのアグロフォレストリバニラの輸入・販売を手がける合同会社Co・EnCorporationの協力のもと、マダガスカルの持続可能な「アグロフォレストリー」農法で作られ、フェアトレード価格で取引された「アグロフォレストリバニラ」を使用したドネーションビール「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」の販売を、2022年2月14日(月)よりトランジットジェネラルオフィス運営店舗にて販売することが決定しました。
また、KAMIKATZ BEER公式オンラインストアにて2022年2月4日(金)より数量限定で販売いたします。

マダガスカルの大森林の中でパイナップルをはじめ、バナナやコーヒー豆など多種多様な植物を一緒に育てることで、農薬や肥料を使用せず1年中収穫できる持続可能な「アグロフォレストリー」農法で育てられた香り高い「アグロフォレストリバニラ」は、『何度も乾燥させて使うことができる』というところから、「FARMER⇆YOU」企画第一弾のシンプルで正統な手作り製法に向き合うハンドクラフトアイスクリームブランド「HANDELS VÄGEN(ハンデルスベーゲン)」とのコラボによって誕生したバニラアイスクリームを作る際に生乳で煮たバニラを乾燥させた“出がらしバニラ”をあえて買い取り使用することで、今回の「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」が完成しました。
「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」は、アグロフォレストリバニラの持つ甘くエレガントな香りに乳糖を加えることでシェイクのようなクリーミーさとともにスムースな甘さがバニラの風味をしっかりと引き立てます。さらに、ホップと上勝町の特産品であるゆずの仲間である「柚香」の爽やかなフレーバーによって上品なスイーツのようなユニークなビールに仕上がりました。
「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」のパッケージデザインには、イラストレーターの「nanamy」を起用。マダガスカルのカラフルな自然と、動物たちを表現しアイテムに彩りを添えます。

2022年2月14日(月)より、トランジットジェネラルオフィスが運営する東京・中目黒のオールデイラウンジ「RIVERSIDE CLUB」をはじめ、渋谷のミージックバー「THE MUSIC BAR -CAVE SHIBUYA-」、南青山のコーヒーロースター「Little Darling Coffee Roasters」を含む計6店舗にて提供いたします。
さらに、2月4日(金)より販売スタートするKAMIKATZ BEERのオンラインストアでは、バレンタインに合わせて、パティシエ「小麦のレ」にKAMIKATZ BEERで使用しているホップとマダガスカルバニラにスパイスを加えたビールに合うアテ菓子とのセット販売も行います。
今回、ビールの1本につき15円がマダガスカル現地団体にドネーションし、アグロフォレーストリーの維持保全と次の世代の農家育成に活用されます。
アグロフォレストリバニラを介してマダガスカルの生産者と日本の消費者をつなぎ、地球が直面している環境問題、SDGs、サスティナビリティ、サーキュラーエコノミー、昨今飛び交う地球規模での課題に目を向け、耳を傾け、興味を持ち、何か一つでもキヲクに残すそのきっかけとチャンスを「FARMER⇆YOU」を通して普段何気ない家族や友人との時間の中に散りばめていきます。

#マダガスカルバニラ #フェアトレード #ドネーション #フードレスキュー #環境保護 #アグロフォレストリー 

オンラインストアはこちらから
https://kamikatz.stores.jp/news/61ee4f64e3bbd133f360ecc2

リリースはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d40062-20220201-84c944a5e1efe729b06fa6272dd5cff2.pdf
 

  • 合同会社Co•En Corporationとは?

「アグロフォレストバニラ」を使用した希少なドネーションビール「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」の発売が決定。のサブ画像2

合同会社Co•En Corporation
武末 克久プロフィール

農学部の修士課程を修了後、製薬会社の開発部門に就職。911のテロから世の中の理不尽さを感じるようになり、妻のイギリス転勤をきっかけに退職。オックスフォードで国際政治経済学(修士課程)を学ぶ。社会の歪みを小さくするのには企業の行動変容が重要だとの思いから、帰国後は環境経営コンサルタントとして、企業活動に「環境」を組み込む仕事に専念。2017年に退職後、観光で訪れたマダガスカルで森のようなバニラ農園を見学し一目惚れ。現在は自然の力を最大限に活かしてつくられたバニラを日本に紹介することに情熱を燃やす。2020年に合同会社Co•En Corporationを設立し、バニラの輸入・販売を手がける。

■Co•En Corporationの“Farmer to You” Vanilla 3つのこだわり
1.品質へのこだわり:
高品質のマダガスカル産ブラック(グルメ)バニラです。
2.自然の恵み、オーガニック
森のような農園アグロフォレストリーで栽培。
農薬や肥料は使わず、自然の恵みを最大限に活かして育てられています。
3.生産者とのつながり
生産者の顔が見えることを大切にしています。緑豊かな農園の景色と作り手の想いを添えて届けます。

  • マダガスカルのアグロフォレストリーとは?

「アグロフォレストバニラ」を使用した希少なドネーションビール「Madagascar Vanilla Milk Shake IPA」の発売が決定。のサブ画像3

アグロフォレストリーとは、農業(Agriculture)と林業 (Forestry)を組み合わせて造られた言葉です。
一つの農園に多種多様な植物を一緒に植えるのが大きな特徴です。農園では、足元には背の低いパイナップルやレモングラスが、その上にはコーヒー、バニラ、コショウなどが、そしてそのさらに上には、ライチ、シナモン、アボカドのような高木が茂ります。そこに地域に自生する木々も植えられ、まさに森のような場所です。豊かな自然環境を有する農園では、肥料や農薬を一切使わなくても木々は豊かに実ります。病害虫が蔓延することもありませんし、台風や大雨などの災害にも強いです。自然の力を最大限活用した、環境と調和した農法といえます。アグロフォレストリーのメリットはそれだけではありません。いろいろな作物を一緒に育てるので、年中何かしらの収穫があります。そのため農家は一年を通して収入を得ることができます。また、ある作物(例えばコーヒー)が不作だったり値崩れして、期待通りの収入を得られなくても、他の作物でそれを補うことができます。つまり、農家の収入を安定させる効果もあるのです。

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments