土曜日, 5月 25, 2024
ホーム商品サービス【5/15(水)解禁!】『日向夏ビール』期間限定販売!自社ブルワリーでの醸造が遂に実現!女性醸造家らによる規格外日向夏のビールをRACINES系列3店舗にて提供。

【5/15(水)解禁!】『日向夏ビール』期間限定販売!自社ブルワリーでの醸造が遂に実現!女性醸造家らによる規格外日向夏のビールをRACINES系列3店舗にて提供。

2024年の『日向夏ビール』は一味も二味も違う!新たに導入した「ヘイジーIPAスタイル」による美味しさを堪能ください。

5/15(水)解禁!日向夏ビール

株式会社グリップセカンド(本社:東京都豊島区、代表取締役:金子信也)は、2024年5月15日(水)より規格外日向夏を使って自社ブルワリーにて醸造したオリジナルビール『日向夏ビール』をRACINES系列3店舗で期間限定販売いたします。

RACINES 日向夏ビール 概要

・価格:Regular Size 900円(税込) / Large Size 1,200円(税込)

・販売期間:2024年5月15日(水)〜7月下旬予定(なくなり次第終了)

・販売店舗:

 - RACINES AOYAMA

 - Atelier LaLa

 - RACINES(麻布台ヒルズ)

  • 遂に実現させた自社ブルワリーでの醸造!

RACINES MICRO BREWERY(ラシーヌ マイクロブルワリー)

『日向夏ビール』を醸造し、5年目を迎える2024年。遂に念願の自社ブルワリー「RACINES MICRO BREWERY(ラシーヌ マイクロブルワリー)」での醸造が実現しました。自社ブルワリーはRACINES AOYAMA(ラシーヌ アオヤマ)に併設しており、現在はフレンチセゾンスタイルの綺麗でフルーティーな「RACINES FIRST SEASON(ラシーヌ ファーストシーズン)」を醸造しています。200ℓの醸造タンクが全3機あり、今回の『日向夏ビール』の製造でフル稼働します。女性醸造家がメインで活躍するグリップグループ自慢のブルワリーから誕生する初の『日向夏ビール』にご期待ください。

  • 新導入「ヘイジーIPAスタイル」について

仕込み時の様子

「RACINES MICRO BREWERY」でのビールの醸造は「フレンチセゾンスタイル」を採用していいます。とても綺麗でフルーティーな味わいが特徴です。一方、2024年醸造の『日向夏ビール』ではあえて別の「ヘイジーIPAスタイル」を採用しました。通常提供しているビールとの飲み比べや、これまでになかった味わいを感じてほしいという醸造家らの思いからの採用です。

「ヘイジーIPAスタイル」は、フレンチセゾンスタイルと違い、苦味が特徴のIPA(インディアペールエール)から派生したスタイルの一つで、IPAに比べ苦味も控えめ。そしてフルーティーな飲み口が特徴で、日向夏との相性が良く、採用を決めました。ホップは日向夏の果実味と柑橘特有の苦味を引き出してくれる「ネルソンソーヴィンホップ」を使用。酵母はWLP077を使用。ヘイジーIPAの特徴でもある濁りをいかし、柑橘やトロピカルフルーツを感じさせる要素を持ちます。

  • 醸造家の目指した「日向夏ビール」とは

規格外として集まった日向夏
一つ一つ丁寧に手剥きする様子

「日向夏」のキャラクターをしっかりとビールに反映することを第一に考えました。爽やかな果実味とほんのり感じる柑橘の苦味も出るよう、果肉は煮沸時に入れしっかりと果実感を、皮は苦味やえぐみが出過ぎないよう、煮沸終了直前に入れ香りだけしっかりと付くように工夫しています。分けて入れるため、一つ一つ丁寧に全て手剥きで皮と果肉に分けました。1つのタンクを製造するにあたり、15キロの日向夏を手剥きしています。丁寧に作業をの結果、日向夏の持つ果実の爽やかさや、目標としていた味に辿り着くことができました。ほんのりとした苦味を兼ね備え、2023年製よりも果物そのものを感じられる素晴らしい味わいの完成です。

  • <Except for Aプロジェクト>今年も宮崎県綾町の野元ご夫妻の日向夏を使用

燦々と陽の光を浴びて育つ健康な日向夏
宮崎県綾町野元さんご夫妻

日向夏の原産地とされる宮崎県へ食材探しに出かけたことが『日向夏ビール』誕生のきっかけです。その地で出会った野元さんご夫妻の人柄と、真摯で丁寧な栽培に深く共感しました。現地で得た情報によれば、規格外の日向夏があり、大きさや形が異なるために一般の流通には乗らないということが分かりました。そこで私たちは、「A品以外の商品を積極的に取り入れる」=<Except for Aプロジェクト>という方針のもと、規格外の日向夏を仕入れ、それを使ってビールを醸造することにしました。

  • 醸造家からのメッセージ

(左) RACINES MICRO BREWERY | Brewer

これまでと違い、自社製造になることで醸造量の多さや味の均一さはないかもしれません。ですが、自社で少量を醸造するからこそ、直送されたフレッシュな日向夏をすぐに使用できますし、自分たちの望む味わいの微調整ができます。また無濾過で樽詰めするからこそ、同じタンクでも樽により濁りの具合や味わいに違いがあり、飲む日によってもその違いを感じることができるとてもフレッシュなビールが完成しました。お天気の良い日にテラスや近くの芝生で楽しんでもらいたいです!

  • 『日向夏ビール』販売店舗

RACINES AOYAMA

RACINES AOYAMA

所在地: 東京都港区北青山3-4-3 ののあおやま 1F
電話番号:03-6384-5915

HP:https://racines-aoyama.com/

IG:https://www.instagram.com/racines_aoyama/ 

Atelier LaLa

Atelier LaLa

所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザ B1F
電話番号:03-6432-5375

HP:https://lala-ebisu.com/

https://www.instagram.com/atelier_lala_ebisu/“>
Instagram:https://www.instagram.com/atelier_lala_ebisu/

RACINES (麻布台ヒルズ)

RACINES (麻布台ヒルズ)

所在地:港区麻布台1-3-1 麻布台ヒルズタワープラザ3F

電話番号:03-5544-9196

HP:https://racines-azabudai.com/

IG:https://www.instagram.com/racines_azabudai/

<本件に関するお問い合わせ先>

広報担当:山岡 (yamaoka@dining-grip.com)

株式会社グリップセカンド

株式会社グリップセカンド

池袋を中心に現在、17店舗(うち物販店5店舗)を展開しているフードサービスカンパニー。「街をつくる」という考えのもと、南池袋にドミナントでビストロ、イタリアン、焼肉、和食、ベトナミーズなど多種多様な業態を出店。また、全国60以上の生産者と直接契約し、独自の仕入れルートを構築。多様な業態で食材を効率的に活用することで食材廃棄を限りなく1%に近づける取り組みをしています。また2021年には食物販ブランドを新たに立ち上げる。1店舗で1日1,000個以上販売するドーナツが話題となり、行列が絶えない店に。同年には青山エリアに初出店し、ブルワリーを併設した大型レストランと食物販を行うショップを同時オープン。2023年11月には麻布台ヒルズににレストラン&角打ちスタンドをオープンし、都内エリアを拡充。

<会社概要>
・株式会社グリップセカンド
・設立:2005年1月18日
・代表者名:代表取締役社長 金子信也
・所在地:171-0022 東京都豊島区南池袋2-8-18コーポTAKASAGO 606
・ホームページ:https://grip-magazine.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments