土曜日, 10月 1, 2022
ホーム商品サービス【米子市ふるさと納税限定】ビールに最適!スパイスをふんだんに使用した辛口のあらびきウインナー「大山ハム ハワイアンポチキ」が返礼品に新登場!~今夜のおつまみはポチキで決まり!~

【米子市ふるさと納税限定】ビールに最適!スパイスをふんだんに使用した辛口のあらびきウインナー「大山ハム ハワイアンポチキ」が返礼品に新登場!~今夜のおつまみはポチキで決まり!~

ハワイで好んで食べられる辛口のソーセージをベースにつくられたあらびきポークウインナー

“ハワイアンポチキ”が返礼品に新登場しました。
一口食べれば、たちまち口中に広がる強烈な唐辛子の辛さと、混然一体となった豚肉とガーリックの旨味に陶然となる一品です。ぜひご賞味ください!
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/31202/5205880

【米子市ふるさと納税限定】ビールに最適!スパイスをふんだんに使用した辛口のあらびきウインナー「大山ハム ハワイアンポチキ」が返礼品に新登場!~今夜のおつまみはポチキで決まり!~のサブ画像1

 

  • ハワイアンポチキ

「ハワイアンポチキ」とは、ハワイで好んで食べられる“ポチュギーズ・ソーセージ”と呼ばれる辛口のソーセージをベースにつくられたあらびきポークウインナーです。一口食べれば、たちまち口中に広がる強烈な唐辛子の辛さと、混然一体となった豚肉とガーリックの旨味に陶然となる一品です。今回は、そんな”ハワイアンポチキ”をご紹介いたします。
 

  • ハワイアンポチキ開発の始まり

米軍が沖縄に基地を造ったとき、ハワイで人気のあったソーセージを沖縄に輸入したことが始まりで、沖縄のメーカーがそのソーセージを真似て造り始めました。ハワイではこのタイプのソーセージは、ポルトガル風ソーセージという意味で「ポチュギーズ・ソーセージ」、略して「ポチギ」という名前で販売していました。沖縄にはポチギという大変に美味しいソーセージがあると聞き、そのソーセージを大山ハムで造ってみようということになりました。
 

  • 商品化までの道のり

開発当初(昭和40年代後半)は赤いウインナーの全盛の頃で、「辛い、にんにく臭い、おまけに高い」、こんなソーセージは売れないと社内では大不評でした。そんな意見に負けて配合の手直しを重ね、妥協を繰り返した結果、出来たものは「何の変哲もない普通のあらびきソーセージ」になってしまい、結局日の目を見ませんでした。(あらびきウインナーが売れるようになったのは、ずっと後のことです。)

 

 

 

  • 苦難を乗り越え、大山ハムを代表する商品に

【米子市ふるさと納税限定】ビールに最適!スパイスをふんだんに使用した辛口のあらびきウインナー「大山ハム ハワイアンポチキ」が返礼品に新登場!~今夜のおつまみはポチキで決まり!~のサブ画像2

数年後、世の中は一段と豊かになり、少しくらい高価でも美味しいものが求められるようになっていました。「どうしてもあの味を諦めきれない」という思いと、時代の追い風が再びチャレンジに結びつき、再度ポチキの原点に戻って製造・販売することになりました。当初は2キロ程度のボロニアソーセージで、大手ベーカリーのサンドイッチに採用されました。その評判が良く「ウインナーにすればもっと売れるはず」とウインナータイプを開発しました。昭和50年には名前を「ハワイアンポチキ」と商標登録し、立派な一人前の商品になりました。当初の持ち味を蘇らせた結果は大盛況で、折から(昭和61年頃)の激辛ブームにのり、お客様から大好評を博しのトップ商品の1つになりました。

【米子市ふるさと納税限定】ビールに最適!スパイスをふんだんに使用した辛口のあらびきウインナー「大山ハム ハワイアンポチキ」が返礼品に新登場!~今夜のおつまみはポチキで決まり!~のサブ画像3

大山ハムは、美味しいものを提供することとは、厳選された原材料に拘ることと、手間を惜しまないこと(寧ろ一手間かけること)に尽きると考え、これらを実践しようと努めています。そんな大山ハムの開発者の強い思いによって、大山ハムを代表する個性派ナンバーワンの商品となった「ハワイアンポチキ」。ふるさと納税でぜひご賞味ください!
 

  • 【ふるさと納税ポータルサイト】

米子市ふるさと納税サイト:https://yonago.tax-furusato.jp/
ふるさとチョイス:https://www.furusato-tax.jp/city/product/31202/0
楽天ふるさと納税:https://www.rakuten.co.jp/f312029-yonago/?s-id=furusato_pc_area-tottori_f312029-yonago
さとふる:https://www.satofull.jp/city-yonago-tottori/ふるなび:https://furunavi.jp/Municipal/Product/Search?municipalid=1268

〇【米子市限定】返礼品情報〇
・寄附金額:10,000円
・商品名:【21-010-047】大山ハム ハワイアンポチキ 大容量1ダースセット(12パック入り/合計1㎏超)
・内容量:ハワインポチキ(112g)×12パック(1ダース入り/1.34kg)
・発送期日:決済から14日前後で発送※~12/25まで
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/31202/5205880

【米子市ふるさと納税限定】ビールに最適!スパイスをふんだんに使用した辛口のあらびきウインナー「大山ハム ハワイアンポチキ」が返礼品に新登場!~今夜のおつまみはポチキで決まり!~のサブ画像4

 

  • 米子市について

鳥取県の西側、山陰のほぼ中央に位置する米子市。

東には「伯耆富士」とも呼ばれる国立公園大山(だいせん)、北に日本海、そして西には汽水湖として日本で2番目の大きさを誇り、ラムサール条約にも登録されている中海(なかうみ)という、豊かな自然に囲まれています。

紀元前からの歴史を持ち、弥生時代の大規模集落跡や古墳時代の遺跡も数多く発見されています。江戸時代には城下町として繁栄し、その城下町に住む商人によって「商都米子」の礎が築かれました。
その文化や気質を受け継ぎながら、現在では、高速道路や鉄道、さらには空路・海路の要衝として「山陰の玄関口」の顔も持っています。

遠く弥生時代から大陸との交流があったとされ、現在では「山陰の玄関口」。
そんな「交流のまち」、それが米子市です。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments