火曜日, 6月 18, 2024
ホームイベント【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!

~世界のトップブリュワーと共に過ごす夢の2日間。4セッションを渡り、合計160種類ものビールを楽しめるチャンス!~

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像1

世界で愛されているデンマーク発のクラフトビールブルワリー、ミッケラー (Mikkeller Japan株式会社) が10月14日、10月15日の二日間にわたってMIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO (ミッケラービアセレブレーション東京) “MBCT” を代官山にて開催します。

  • MBCTとは

今、最も注目するべきブルワリー約20社を東京へお招き、ブリュワー本人が自慢作を注ぐ夢の2日間。世界のトップブルワーと交流できる一期一会なイベント。日本の数多いビールフェスの中でも、これだけ海外のブルワリーが集まるイベントは他にない。過去3年のイベントでは、RATEBEER.COMの「世界のブリュワリートップ100」ランキングの中から17社もMBCTに参加している。今年で4回目となるMBCTは世界中から「ミッケラーセレクション」のトップブルワリー20社をお招き、10/14(土)・10/15(日)の2日間にわたって開催します。何杯もおかわりしたいようなビールも、飲んだことのない未知のビールまで勢揃い!みんなで乾杯しましょう!

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像2

  • イベント詳細

日時
2023年10月14日 (土)  

RED セッション  11:00〜14:30

GREEN セッション  16:00〜19:30

2023年10月15日 (日) 

BLUE セッション  11:00〜14:30

YELLOW セッション  16:00〜19:30

1セッション3時間30分、40種類のビールが飲み放題!

セッションごとにビールが変わり、2日間トータル160種類のビールが飲み放題! 

会場

駐日デンマーク王国大使館

代官山駅 徒歩5分

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-6

チケット情報

現在KKDAYより発売中

https://www.kkday.com/ja/product/149463

※オンラインで完売となった場合は、当日券のご案内はございません。

  • 参加ブルワリー

ヨーロッパ

Warpigs

Penyllan

Omnipollo

Mikkeller

Friends Company

Folkingebrew

Flying Couch

Ebeltoft Gårdbryggeri

Donzoko

Brewski

Bofkont

Birrificio Italiano

Crooked Moon

北米

Bottle Logic

GodSpeed

Resident Culture Brewing Co.

LUA

Oxbow

Creature Comforts Brewing Co.

アジア

Taihu

  • フード出店

二日間

Mikkeller Kanda

Sakebozu

土曜日のみ

Chelas

Freeman Shokudo
Tyson Pizza

日曜日のみ

3 Hermanos

Sun2Diner

BRØD

  • グッズ情報

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像3

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像4

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像5

  • Mikkeller について

東京では三店舗を展開し、渋谷では道玄坂百軒店に一号店の「Mikkeller Tokyo」、一丁目にボトルショップも併設の「Mikkeller Kiosk/Bar」※All Day Place一階、神田駅すぐではアメリカンスタイルのスマッシュバーガーを提供する「Mikkeller Kanda」を構えている。

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像6

ミッケラーの歴史

コペンハーゲンで数学と物理学の教師だったミッケル・ボルグ・ビャーウスが2006年から自宅の小さな台所をラボに、ホップ、麦芽や酵母で実験しはじめた。

現在、ビャーウスは1,800もの種類のクラフトビールを50ヶ国へ輸出。その発想力と開発力はビール業界に止まらず、アパレルや飲食品など、インスピレーションが湧く事業を立ち上げている。「自分自身がビールのレシピを書く時は自分自身の好みしか頭にない。売れるから作ろうと一度も考えたことがない。レストランも同じ。レストランをオープンする理由はシンプルに自分がそのようなレストランに行きたいからだけのことです」と語る。

【MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO】10月14日〜15日代官山にて開催!のサブ画像7

ミッケラーの軸はビールである。スタイルや原料の豊かさを常に実験し、紹介している。ホップ、麦芽、樽熟成、コーヒー、パッションフルーツ、チェリー、唐辛子、チョコレートなど、ビールの無限の可能性。その軸があるからこそ、世界中にバーやレストラン、ビールフェスティバルや250部もあるランニングクラブを運営。また、食、デザイン、アートや音楽と、幅広いジャンルで活躍されているかたと様々なコラボやプロジェクトに挑んでいる。

また、世界一と評価されていたレストラン、デンマークのノーマやスペインのアル・サリェー・ダ・カン・ロカのハウスビールも手掛けていた。スカンジナビア航空専用ビールも造っている。

醸造所の間借りやコラボビールを専門とするブリュワリーは「ファントムブリュワリー」と知られている。「ファントム」とは英語で「幻」のこと。醸造所を持たない醸造ブランド。ミッケラーはファントムブリュワリーと呼ばれていたが、2016年にアメリカとデンマークにブリュワリーをオープン。今も、ファントムブリュワリーを続けているため、昨年2018年は合計500万リットルものビールを造った。

「ミッケラーはクラフトビールのブランドでありながら、クラフトビールのみではない。信憑性、謙虚や個性、妥協しないクオリティ、そして緩むエネルギーと引き締めるエネルギーの調和を大事にする」、とミッケラーの投資家でもあるジェッシー・デゥ・ベイが言う。

見慣れている、当たり前の金色のドリンクの概念を覆し、ビールのイメージ、そして誰が、いつ、どこで飲むのかと、ビールをみる変革をもたらし続けている。 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments